小松美羽 大竹京  球体関節人形 斎藤工 五十嵐圭
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

CATEGORIES

ARCHIVES


<< OM-3Ti | main | 打ち合わせの日々 >>
写真集の思い出
先日、森ひろこさんの写真集撮影の時のエピソードをお話したら、写真を撮っている状態が分かると、写真集を見る目が変わりしますねとコメントをくれた方が数名いました。
ですので、好評につき今回は、カルーセル麻紀さんの写真集をパリに撮影しに行った時のお話をします。



2003年、カルーセル麻紀さんの写真集を撮りにパリにきました。
前から知り合いだったのですが、撮影をする機会が持てずにいましたが
太陽図書の小出社長にお願いしました。
一時代を築いた大スターなので、きちんとしたものを作らねばとプレッシャーを感じました。
カルーセルさんが毎年夏に2ヶ月くらいパリに遊びに行くのを知っていたので、追いかけてパリに行きました。
今も思い出します。その年、パリは凄い猛暑で熱射病で亡くなる方が何人も出たのです。しかし、私たちが行く頃になると残念なことに天気が悪く、寒い寒いの連発でカルーセルさんには大変なロケになってしまいました。
カルーセルさんはパリ中詳しくて、撮影場所は知り合いの人に、ただでお借りしました。昔は大きなお城で今はゴルフ場の場所でした。
夜ドンペリ2本を飲み、次の日ドンペリ2本を飲み、と毎日ドンペリ2本を飲みながらの撮影でした。
当時のデジタルカメラで撮った写真を見ると、今のカメラならもっと綺麗に
撮れるだろうなと思いました。彼女の身体はレスポンスを一切しないで、実年齢のままに写真集をつくりました。
その勇気と自信が、私の何百冊もある写真集のなかでもベスト10に入るものになったのだと思います。
カルーセルさんには教わったことが沢山あります。女性を綺麗に撮るという事、人生についても沢山教えてもらいました。
今日は写真集の全体のお話をしましたが、次回は抜粋してお話します。







| 撮影日記 | 13:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
| | |