小松美羽 大竹京  球体関節人形 斎藤工 五十嵐圭
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2022 >>

CATEGORIES

ARCHIVES


<< どう撮れるか 練習です | main | 中川郁子さんにはお世話になっています >>
進化し続けていますね
3年間撮らせていただきました。
和彫アーティストの高岡千恵さん。
私的には今回の酒田 キャバレー白ばらでの撮影で
完成したと思っております。
しかし、高岡さんの進化は止まりません。
高岡さんの和彫の進化が止まった時にもう一度だけ撮影をさせていただきたいと思います。
最高の被写体。
出会えて、私は幸せです。

今日は土曜で撮影はなく、
これといった打合せもないので、
3年分の高岡さんの作品を見返したいと思います。
かなりの量がありますが、
一度出会いから今日までまとめたいと思います。

この写真はまだほやほやです。
現像もレタッチもしていません。
しかし、フィルム時代ならこれが完璧だと思います。
あとは絞り切って少しレタッチをしたいと思います。
パソコンの画面上で目と目が合うとドキっとします。

昔、野村誠一さんが、恋写 と言っていましたが、
今頃その気持ちがよく分かります。
25年くらい前にCAPA誌面で野村誠一さんと対談をした時に、
僕は撮りながら恋はしませんと言った頃の若さが、
今では被写体にきっと恋をしながら撮っているのだと思います。

嫁に叱られるかも分かりませんが、
職業です。

さあ、今アシスタントの近井に餃子の王将の弁当を買いに行ってもらいました。
皆で餃子の王将の弁当を食べ、午後からまた高岡さんのセレクトをしたいと思います。
それと、先月末にデジカメwatchにこの場所のことを書きました。
2週にわたって書くつもりです。
ぜひ、まずは前半、ここに被写体を連れて行きたいと思う気持ちをこの1枚で皆さんに感じてほしいです。
こちらからぜひ読んでみてください。
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/column/yamagishi/1433590.html

久しぶりにカメラのことも書かせてください。
今回は、ライカSL2とOM-1をもってロケに行きました。
手の内というか、とっさにOM-1で撮った1枚です。
私の気持ちを理解してくれているカメラです。
| yamagishiの日記 | 02:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yamagishi.jugem.jp/trackback/27980
トラックバック
| | |