小松美羽 大竹京  球体関節人形 斎藤工 五十嵐圭
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

CATEGORIES

ARCHIVES


<< 今日の写真塾 | main | リコーGRデジタル >>
ほんとは私が撮るはずだったのですが、、、
今朝、糖尿検査の採血をして事務所に戻ってきました。表通りのハンバーガーショップでハンバーガーとスープを買い、朝ごはん。昼から神田へ出かけるので、少し空いた時間にポジの整理。今整理しているのは、2003年お正月にハワイで撮影した石川夕紀さんの写真。



超秘話で、ほんとは言ってはいけないくらいの気がしますが

この時、何名かのタレントさんを連れてハワイに行っていました。石川さんは順番が最後の撮影だったと思います。
ホノルルにあるタンタラスの丘で、大きな大きな大邸宅を日本人の方から、撮影場所として借りていました。私も最後の撮影で気が抜けたのか、石川さんのメイク中にガレージに有ったキックボードで遊び始めました。意外とうまくキックボードで走れたので、蹴りまくってエスカレートした途端、レンガの道の坂に入ってしまいました。みんなの前で空中回転。一回転半した後、肩から落ち、ひっくり返ってしまいました。みんなの前だったので、すぐに立ち上がりましたが、同時に右肩が上がらず。。。
混みあっている正月の病院に、コーディネーターに連れてかれ半日かかりで検査。脱臼と言う事で、三角巾を首からして動かせずに現場へ。
当時アシスタントだった横内君が、みんなから手助けをしてもらい撮影中。デジカメではなくフィルムだったので、ポラを見せてもらって「なんだ!この写真は!!!」と大激怒。痛いのと同時に、チーフアシスタントが写真集の撮影をしているというプレッシャーで、横内君を怒ってしまいました。
「先生、ここはどうか、ホテルへ帰って静養してください」とアクアハウスの社長に言われホテルへ帰りました。夜、アクアハウスの社長から「痛みが引かないこともあるし、先生がいると写真が撮れないので東京に帰ってほしい」と言われ、横内君に任せ、悔しい思いをして東京に帰りました。今考えれば、大変な事をやらかしたのですが、、、。
タレント、スタッフ、出版社が一つになり無事写真集を作ることが出来ました。あれ以来、危ないことはしないと心に誓っています。今考えれば、それが横内くんの初写真集になったと言う事で、一生の思い出になったんではないでしょうか?
私は思い出す度に、反省&苦笑をしています。


横内君は、大学を卒業してすぐに私の事務所に来ました。写真を撮りたいのですと言った彼に、なぜ写真を撮りたいのか?と問いました。
自分は口下手で、人に上手く伝えることが出来ないので写真を撮って伝えたいのだと言いました。しゃべるのが上手くないから、写真を撮りたいのだと。
今はすっかり忙しくなって、体重は私のところに来たときより10キロ増えたと言っていました。一生懸命仕事をしている、素晴らしいアシスタントだったと思います。
彼は、私の事務所の誇りです。
| 撮影日記 | 11:11 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
| | |