小松美羽 大竹京  球体関節人形 斎藤工 五十嵐圭
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

CATEGORIES

ARCHIVES


<< 東京に雪が降っています | main | 自宅の模様替え >>
週刊実話の撮影
今日は由美かおるさんを撮影しました。本当はいつも3人撮りなんですが、
今回は由美さんだけでした。
いつも水戸黄門を見ているので、今日お会いするのが楽しみでしたが2、3日前からとても緊張していました。
なぜなら亡き、池谷先生が彼女の写真集を2冊も出していて若い時から撮ってみたい と憧れの方だったのです。
今日はいつもと違い、白いワイシャツを着て撮影に挑みました。なんと、来ていたヘアメイクさんが20数年前に散々お仕事をした橋本祐子さんでした。週刊プレーボーイとかで当時ご一緒しました。やはり現場に知り合いの人がいると心強いです。今日も橋本さんは現場を盛り上げてくれて、スピーディに仕事をすすめ、そして綺麗な写真の仕上がりになりました。
由美さんにも「写真上手ね」と褒めて頂き自信が湧きました。
今日の写真はお見せできませんが、実話の表紙になった時にお見せしますね。帰りにサインをもらいましたが、夢という字が書いてありました。家宝が増えました。
今日はこれから出版社の会長とスッポンを食べます。

昨日の森ひろこちゃんの写真集についてもう少しだけ触れておきます。
パリのお城での撮影でしたが、おふろのシーンで彼女は泣きだしました。
どうしてかは分かりませんが、多分緊張とほんの少し露出度が多かったのかもしれません。私は何百冊も撮りましたが、タレントさんが泣くことは滅多にありません。だから貴重な一枚だと思います。



| 撮影日記 | 18:38 | comments(2) | - |
コメント
写真集の撮影時のエピソードとても興味深く読ませていただきました。山岸さんが女性を撮った写真集は本当にたくさんあるのでどれを買ってみようか迷ってしまうのですが、こういう話を読むとそれを踏まえて写真をじっくりとみつめて見たくなりますね。被写体の女性を写真で見て美しいとか素敵だとかうっとり見入ってしまう事は多くありますが、撮られている女性の内面や心境まで考えて見る事はなかなかありません。ですがそういう話を聞くと写真の美だけでなく、その時はいろんな心境があったりその被写体の作品への思いがあってそこに存在しているんだなと改めて感じられるような気がします。なんだかうまく言えませんが…。
山岸さん、写真集エピソード、また楽しみにしていますね。
| 妃奈 | 2009/03/02 4:22 AM |
毎日少しづつ、思い出のエピソードを書いていきますね。
| 山岸伸 | 2009/03/03 2:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
| | |