小松美羽 大竹京  球体関節人形 斎藤工 五十嵐圭
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

CATEGORIES

ARCHIVES


<< 夜はパーティー | main | 忘年会 >>
森下くるみさんを撮影
今日は双葉社パパラッチの表紙巻頭グラビアで、森下くるみさんの撮影でした。

今日の撮影場所はハウススタジオのピア浅草橋。私の家から割と近いのですが、初めて行く場所でした。


こんなにたくさんの釣り船がありました

東京にはいろいろな建物、スタジオがあり、初めての場所にはいつも驚かされます。今日のスタジオはビルの6Fと7Fで、かなりの大きさでした。メゾメットスタイルで、前はどんな方が住んでいたのか見たいくらい立派でした。

スタジオからは両国橋が見え、朝日輝く隅田川がとても綺麗。撮影が始まる前、落ち着くことが出来るスタジオです。


森下くるみさんは初対面だったのですが、朝とても元気に挨拶してくれ、「初めて会った気がしないね」というのが私の第一声でした。

パパラッチの編集長はかなり細かいところを気にする人で、髪の乱れ、洋服の着方などかなりチェックします。私はそれを聞くモデルさんの表情をファインダー越しに覗いていつも楽しんでいます。
編集長は鋭いところがあり、今日も大きなスタジオの割には表紙巻頭6ページを10畳の和室のみで撮影してくださいとのお願いを受けました。どんな条件でもその気になれば撮れるものですが、和がテーマの今回、和室が1部屋しかなかったのはハンデでした。

それに加えてビルの自然光が入ってくる部屋は、かなり光が硬く、床の反射もきつくなかなか上手くいきませんでした。普段4時間くらいで終わる撮影が今回は6時間半。こんなにかかったのは久々です。

時間はかかりましたが、森下くるみちゃんは我慢強いし、こちらの言うことを良く聞いてくれるので良い写真になったと思います。

森下くるみさん

10畳の部屋でどう撮ったか、来年1月4日発売のパパラッチを見てください。


ここで表紙巻頭6ページ分の写真を撮りました


森下くるみさんの事務所の社長さんが差し入れしてくれました。甘いものは控えているのですがついつい食べちゃいました


サイン帳にサインを書いてくれている森下くるみさん

今日は近かったので家から自分の車でスタジオ入りしたのですが、アシスタントに駐車場に入れてもらって、帰りに自分で車の場所へ行ったらエンジンがかかったままでキーも開いていました。平地の駐車場に6時間半置いてあってよく無事だったものです。買ったばかりの車です。どこか壊れていないか心配です。

ほのぼのとしてとてもいい一日でした。


これからサムライムの社長さんと、森ひろこさんの撮影の打ち合わせを兼ねて忘年会へ行ってきます。
| 撮影日記 | 16:44 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
| | |